改めて挨拶

ブログを長い間放置していたことを深くお詫び申し上げます(誰も怒っていないでしょうが)。ブログを更新しようとは思っていたのですが、かなり憔悴しており文章書く元気がありませんでした。
ですが文章を書きたいという気持ちはあり、他の人の小説やブログ、記事などを見る度に僕も何か書きたいな~と思っていました。
しかし小説を書くにもエネルギーが枯れてしまっていて、自分がどのような文章を書いていたのかも思い出せず、自分の書きたいな~と思うような言葉運びも忘れてしまっていました。

話は変わりますが、新刊にはどの本にも帯というものがついております。小説の中身を一部抜粋したものから、キャッチコピーを全面に押し出しているもの、有名人が力強い一言を添えているものなど様々ですが、その帯を見ただけで購買意欲が湧いてきます。つまり言い換えれば、その一言二言で、私達の心が動かされているということです。
この小説を読んだら人生が変わった!などと大げさに抜かす人もいますが、心が動かされるのは確かだと思っています。
夜のピクニックを読んで歩きたくなったとか、蛇を踏むを読んで意味がわからないだとか、禁断のパンダを読んで胃液が逆流しそうになったとか。
しかし本は売れない時代に入っており、そのような経験をする方が少なくなっているかもしれません。
そういった方にこの本読んでみたいなと思うようなネタバレ無しの書評を書いていこうと思います。僕が初めブログを初めた理由はそうでした。
長々と挨拶をしましたが、初診に返り、面白い本をできるだけ紹介したいと思います。
できるだけ多く更新したいと思いますが、何曜日更新とかすると楽しめなくなると思うので、不定期更新とさせて頂きます。
長々となりましたが、よろしくお願いします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です